バイオリンの左手の練習動画

ここでは、バイオリンの左手の練習のやり方を学びましょう。

左手の練習は、この動画を観ながら練習するのが分かりやすくておすすめです。





⇒バイオリンの弾き方動画の記事一覧に戻る



文字起こしをした文章

いよいよ、今回はバイオリンを弾き始めます。
左手の指には番号があります。
ピアノの指の番号とは違うので気をつけてください。
押さえてみると、始めのうちは少し不思議な感じがすると思いま。
す消して痛くないはずなので、押した時に痛みを感じたらもう少しゆるく押さえてください。
まずEストリングで練習してみましょう。
ナットに一番近いテープにファーストフィンガーを置いて、弦を押さえます。
そして離します。
もう一度押さえて離す。
これを繰り返した後、ファーストフィンガーは弦を押さえたまま、次のテープにセカンドフィンガーを置いて弦を押さえます。
そして離します。
また SECOND Finger で押さえて離す。
この SECOND finger の押さえて離すを繰り返している間は、ファーストフィンガーは弦を押さえっぱなしにします。
これを繰り返したら、サードフィンガーで同じことをします。
ファーストとセカンドを押さえたままにして、サードフィンガーを次のテープにおいて押さえて離す、押さえて離す。
小指フォースフィンガーの練習は、もう少し後でやります。
重要なポイントは、指のお腹部分でなく先の方で弦を押さえることですこうすると、押さえた時の指の形も自然と丸くなるはずです。
でも、爪がフィンガーボードに当たらないように気をつけてください。
指が弦に触れたとき、このような小さい音がします。
これは気にしなくて大丈夫です。
今のエクササイズを A string でも練習してください。
G ストリングはとりあえずお休みです。
最初はゆっくり練習してください。
徐々にスピードを上げていきます
エクササイズ1の練習風景はこんな感じです。


ページトップに戻る