バイオリン

バイオリンのメンテナンスは、バイオリンをこれから弾いていく上で重要な項目です。

この動画では、バイオリンのメンテナンスの方法を分かりやすくお話してくれています。





⇒バイオリンの弾き方動画の記事一覧に戻る



文字起こしをした文章

それでは、バイオリンの扱いについてお話ししたいと思います。
バイオリンは、触らない方がいい部分がいくつかあります。
バイオリンの表面には、特別なニスが塗ってあります。
この二ス骨の部分は、あまり触らない方がいいです。
もちろん、シールなども貼らないでください。
指紋がついてしまったら 、Part 1で紹介したような布で軽く拭いてあげてください。
指紋が付いてなくても定期的にホコリを拭き取るために、全体をふきふきしてあげるといいと思います。
フィンガーボードの部分はもちろん指を置きますが、弓で弾くところはあまり触らないで下さい。
指のちょっとした油が着いてしまい、傷んでしまいます。
バイオリンを弾いた後、ほぼ必ず弦の下に白い粉が少したまります。
付いたばかりなら簡単に拭き取れます。
しかし、何日も放置してしまうと固まってしまい、拭きとれなくなります。
そうなってしまったらクリーナーの薬品を使わないといけないので、なるべく頻繁にバイオリンを拭いてあげてください。弓のスティックにも粉が付いてしまうので、こちらも定期的に拭いてください。
弓をしまう時はパート4で紹介したやり方で、まずヘアを緩くしてください。
デレデレはゆるすぎですが、スティックが引っ張られていない状態にする必要があります。
ケースに入れる時は、チップから差し込んでください。
ヘアが上に来るか下に来るかはケースの作りによって違います。
どちらでもいいケースもあります。
差し込んだら少し回して弓を固定します。
バイオリンをしまう時は、ショルダーレストやスポンジを外して、バイオリンの汚れを拭いてからケースにしっかりとしまってください。
ストラップがちゃんとバイオリンを抑えているか確認してください。
無理に力をかけるのは良くないですが、なるべくしっかり閉まってください。
多くのケースには、このようなブランケットが付いてきます。
バイオリンの上にこのように乗せて蓋をします。
このブランケットのような楽器を守るためのもの以外は、一緒にしまわないでください。
楽譜などは外側のポケットか別のカバンに入れてください。
このケースは、蓋を閉じるだけでロックしますが、こちらのケースはここの金具をスライドさせないとロックしません。
ロック自体がないケースもあります。
どんなタイプのケースでも、ジッパーの閉め忘れなどに気をつけてなるべく安全を心がけてください。
バイオリン用のスタンドなども色々あります。
例えば電話に出る間やトイレに行く間にちょっとスタンドに置いておくだけなら、問題ありません。
私も使っています。
しかし、バイオリンがむき出しの状態は危険にさらされている状態です。
保管場所としては、ケースにしまうことが一番安心だと思います。
むき出し保管ではぶつけてしまう心配だけでなく、直射日光や埃の心配もあります。
弦楽器専門店ではちゃんと管理されているので、バイオリン等はずらりと吊るされて保管されています。
どのような保管の仕方であっても、なるべくバイオリンが怪我しないように心がけてください。
特にペットがいるお家は、悲劇を免れるためにケースにしまいましょう。
バイオリンは人間に似ています。
人間にとって暑すぎる場所は、バイオリンにとっても暑すぎます。
寒さや湿度も同じです。
そして赤ちゃんと同じように、一瞬たりとも車に放置しないようにしてください。


ページトップに戻る